自己分析が検証作業の第一歩

2014年7月28日


質問を頂きました。どうもありがとうございます。


FX歴3年ですが、思うように勝てません。

そこで、パリスさんの言われている検証作業を今やっているのですが、具体的にどうやったらいいのかいまいちわかりません。



パリスさんは、過去チャートを試験勉強の時のように右側をかくして、値動きの予想をしたりだとか、トレンドラインをひきまくったとかと書いてありましたが、その時に、どういうことを考えてやっていたのでしょうか?


MAの位置関係を見て次にどういう動きをするのかを見たり、(例えば20MAを突き抜けたら、次は、ロングで)とか、チャートパターンが出てるから、次はこうだとか、山谷のリズムで、次は、谷だとか、そういう見方でしょうか?



検証するにしても、いまいち、何をどういう風にみていいのかわからず、ただ見ているだけのような感じになってしまいます。

よろしければ、ご教授頂ければと思います。


なめこさんは、自分が勝てない理由は把握されていますか?

過去チャートを使った仮想トレードなどの検証作業をする前に、
ご自分のトレード履歴の見直し・分析をしないといけません。
この分析も検証作業のひとつです。

私は「検証」という言葉で、幅広い作業を指しているので、

いわゆるデモトレードをすることだけを検証と呼んでいるわけではありません。


ま、勝つためにやる作業はすべて検証作業なんですけどね。


で、私は検証作業の流れは大まかに以下のように考えています。

自分のトレード履歴の分析



自分にあったトレード・スタイルを見極める



自分にあったトレード・スタイルにおける手法・ルール作り



手法・ルール通りにトレードできるように練習(仮想トレードやデモ)
自分なりの課題設定・取り組み・結果検証の繰り返し



リアルトレードでリアルタイムの値動きでの実践、トレード成績の検証


私の勝手な憶測ではあるのですが、

なめこさんが具体的な検証作業がよく分からないのは、

・自分がなぜ勝てないか

・自分がなぜ負けてしまうのか

・どういう勝ちパターンを持っているか

・負けているのはどういうパターンのときが多いか

などの自己分析が出来ていないからではないのかな?と思います。


ご質問の、仮想トレードやトレンドラインを引いている時などチャートに向き合っている時に何を考えていたか?ですが、それは

何も考えていない。無心。

です。

勝てるようになる第一歩は、ただただ無心で目の前の値動きに集中できているときではないかと、自分の経験から思います。

私がコツコツドカンで負けていたときは、それこそ「勝てるチャートの見方」なるものがあるはずだ、というような前提でチャートを見ていたと思います。


この違い、分かってもらえるでしょうか。


検証するにしても、いまいち、何をどういう風にみていいのかわからず、ただ見ているだけのような感じになってしまいます。


むしろ値動きを「ただ見ているだけ」、目の前の値動きをただあるがままに観察することが重要なんですよ。

でも、勝ち負けにこだわって見ている人は、どこでエントリーすれば勝てるか稼げるかと目を皿のようにして値動きを見ているんです。

それはね、値動きをあるがままに見ているのではないんです。

自分の損得と結びつけて見ているので、自分の都合で値動きを決めつけてるだけなんですよ。

だから、うまく勝てた時は有頂天になるし、負けた時は怒るか落ち込むかして、その後のトレードも安定せず運を天任せの衝動的トレードから抜けられなくなるのが、ありがちなパターンじゃないかなと思います。


ということで、まずは過去3年分のトレード履歴を振り返ることから始めてみてはどうでしょうか。

私が集計していたのは以下の様な項目です。

勝ち日数

負け日数

合計獲得pips

勝ちpips合計

負けpips合計

トレード回数

勝ち回数

負け回数

勝率

トレード1回あたり勝ち平均pips

トレード1回あたり負け平均pips

損益率

1日あたり平均獲得pips

1日あたりトレード回数


これらの項目を

・3年間全部

・1年毎

・1ヶ月毎

で区切って集計して成績を出してみる、並べてみる、そうすると何か発見があるかと思います。


そしたら次に、過去3年分のチャートの画像を取得して、そこに自分のトレードのエントリー&決済ポイントを書き込んでみる。

ロングとショートで色分けすると分かりやすいと思います。


チャートに書き込んだものを、これも並べて観察してみると、

何かしら自分の弱点だったり、繰り返すパターンだったりが見えてくると思います。


で、それぞれのトレードについて

・良い勝ち方

・危うい勝ち方

・良い負け方

・やっちゃいかん負け方

の4種類に分類してみると、より一層、自分のトレードの癖とかパターンが把握できると思います。


そうすると、自分の技術的には何が足りないのか、精神的・心理的には自分にどういう傾向があるのか、というような自己分析できるようになるので、


自分にあったトレード・スタイルとは?

ということが考え始められると思います。



ではでは


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

検証!検証!検証!3

2014年6月30日


検証!検証!検証!

検証!検証!検証!2

からの続きです。


私は検証作業がすごく楽しくてルンルンだったので、
「検証とか面倒くさい。」「そんなことまでしなくてはいけないんですか?」等を言われる度に、なぜだろう?と思っていました。


でもそういう人ばかりでもなくて、検証はしようとしているみたいなんだけど、すぐに諦めるっていうか、

深掘りしてしつこく自分なりに考えて、考えたことは片っ端から検証するための行動を起こして、また考えて~~のような作業をあまりせずに、すぐに質問をしてくる感じの人が割りといて。

すぐに人を頼ろうとするな~!って意味じゃなくて、

実際問題として、具体的なトレード内容とか成績などは私は本人じゃないから知らない・分からないので、極々一部のトレードだけを取り上げて「どうすればいいですか?」って聞かれるのはなぜなんだろうなぁと考えていました。


で、私なりに共通点らしきものから推測したんですけどね、ポイントはまず
●検証作業が楽しいかどうか

次のポイントは、その楽しみ方。
●勝ち・お金を目指して楽しんでいるか、検証作業そのものを楽しんでいるか


この2番めのポイントが結構キモなんじゃないか、と。

パッと見の現象としては、どっちも検証作業を楽しんでいるように見えるんだけど

よくよく観察してみると、


値動きのパターン、チャートそのものを見て楽しめる人っていうのかな、そういう人って素直に値動き自体を観察しているんですよ。

でも、勝ち(=お金)を目指して、勝つことありきでチャートを見ている人は、勝てるかどうか・稼げるかどうかのフィルターでチャート見ているから、検証作業を始めた頃は、勝てるようになる第一歩を踏み出しました!っていう高揚感があって楽しんでいるように見えるんだけど、

そもそもフィルターかかっているので、すぐに勝てるようにならないと検証作業自体が雑になったり浅くなったりして、「なぜ勝てないのか?」という観点で考える。→分からない。→すぐ質問。というパターンなのかな、と。

チャートそのものを眺めるのが楽しい、 
自分なりに値動きのパターンらしきものを抽出するのが楽しい

という段階を経て、

そのパターンでうまく波乗りできるように練習するのが楽しい

と感じるかどうか(=検証作業を楽しめるかどうか)が、
もしかすると個人トレーダーとしての向き不向きの試金石になるのかも、と思います。

でも、向き不向きがイコール勝てるトレーダーになれるかどうかを意味するわけではないので、またそこが難しいところなんだろうけど。

ではでは

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

勝ち負けと勝率

2014年6月13日

なぜ多くの人がFXで負けてしまうのかを
ご教示頂ければと思います。

私は何故勝率がとんでもなく低いのか、
5割にも満たないのか全く分かりません。
ただの確率の観点からの話かもしれませんが。



多くの人がFXで負けてしまうのは、

負けてしまうまでトレードをするから

だと私は考えています。


そこそこ勝てた時に「今日は気分良くこの辺で。」と引き揚げる。

少し負けてきたかなという時に「傷口を広げる前に今日はこの辺で。」と撤退する。

そうする人は、致命的な打撃を受けることもなく、次に訪れる機会を捉える心の準備が出来るから、

結果的に「勝ち」につながるのだと思います。


これ、言う(書く)のは容易いけれど、いざ実行するのは至難の業ですよね。


勝っている時は「もっと!もっと!もっといけるはず!」とハイになって、どんどん突っ込んでいく。

負けている時は「くそっ!絶対取り返してやる!」と意地になって、どんどんのめり込んでいく。


これが多くの人間の普通の心理ですよね。


だから多くの人は「勝ち」と縁遠くなるのではないですか。


私は何故勝率がとんでもなく低いのか、
5割にも満たないのか全く分かりません。



勝率が低くても損益率が高ければトータルでは「勝ち」になりますよ。


勝率がとんでもなく低い。なぜだ?と悩むということは、

「勝率は高いほうが良い」という前提を置いているからだと思いますが、


なぜ、「勝率は高いほうが良い」と考えるのですか?


あ、批難してるとかじゃないですよ。

勝率にこだわるのはなぜか、今一度よく考えてみてください、という意味です。



ではでは

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

検証!検証!検証!2

2014年5月5日


前回の検証!検証!検証!からの続きです。

多くの人は、これらの検証作業をほとんどやらない。
やれと言われてもやらない。


なぜか?


結果が保障されていなければ、動こうとしない、
無駄なことは一切したくない、損をしたくない
と考える人が多いから。


あなたに言われたことをやって、「絶対に」勝てるようになるならやります。
ってことかな?と想像してみたけれど、そういうわけでもないっぽい。

あなたに言われたことを全部やるのは大変だ。
だから、最低限これさえやれば勝てるという要素をを抽出して教えてください。
そしてそれだけやれば「絶対に」勝てるようになるなら、やってみてもいいです。

こんな感じかしら。


それって、言い換えると、

何の努力もしたくない、濡れ手に粟で稼ぎたい、というわけではないけれど、
しんどい思いはしたくない。
世の中の稼いでいる人、皆が皆、そんなしんどい思いをしているわけないでしょ?

って考えなのか、

ガツガツ努力するとか、気合とか根性とか、格好悪いじゃん。
スマートに稼ぎたいんだよね。


ってことなのか。


私は別に「楽して稼ぎたい」と考えることは何とも思いません。
ただ、楽して稼げるほど世の中は甘くなかった!と実体験で感じたので、

楽して稼ぐ方法を探すより、
出来る限りの努力や試行錯誤をして経験を積むほうが早く稼げるようになるよ。

という考えを持っています。

「しんどい思いをしたくない」も同様に、

自分に余裕がある内に、しんどい思いを経験しておくほうが後々楽になると思うよ。

と考えています。


でも、ずっと疑問だったのは、
私はFXの検証作業は楽しくて仕方がなかったので、
「しんどい作業」だと思ったこと一度もないんですよね。

検証作業という作業にいきつくまで、勝つためには一体何をしたらいいのか?
を把握できるまでの、五里霧中状態の時期はしんどかったですが、

「あぁ!?こういう作業をすればいいのかも!?」と見えてきたときからは、
もう楽しくてルンルンでした。

かと言ってそこからすんなり事が運んだわけじゃないよ。


なので、「検証とか面倒くさい。」「そんなことまでしなくてはいけないんですか?」等を言われることもありましたが、いつも不思議だったんですよね。

え?なぜ?めちゃ楽しいのに?



また続く


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

検証!検証!検証!

2014年4月1日


FXを始めた頃、『マーケットの魔術師』で
勝つためには、損切り!損切り!損切り!
という指摘を読んで、その気になっていた。
確かに私は損切りが出来なくてコツコツドカンでやられていたから。


しかし、
損切り!損切り!損切り!
と唱え続けたらすぐにうまくいくようになったわけではなく
むしろ、損切りビンボーに陥って、八方塞になった。


その後、いろいろあって、今もし仮に
トレードで勝てるようになる秘訣は?と聞かれたら、
損切り!ではなく、検証!検証!検証!と答えると思う。


検証と一口に言っても、
バックテストも然り、仮想トレードも然り、デモトレードも然り、
自分の過去のトレード成績やその後のデモトレード成績の分析も然り、
自分の心理面に向き合って分析することも然り、

作業としては多岐に渡っていて、
とにかく自分の頭で考え続け、自分の手を動かし続けるしかない。

多くの人は、これらの検証作業をほとんどやらない。
やれと言われてもやらない。


なぜか?


結果が保障されていなければ、動こうとしない、
無駄なことは一切したくない、損をしたくない
と考える人が多いから。


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

ありがとう、また気づきをもらったよ

2014年3月1日


やや話題遅れな感もありますが、言っておきたい。

浅田真央選手のソチのフリー、すごくすごく美しくて素晴らしかった!

演技後のインタビューで、前日のSPのことに言及して

「取り返しの付かないことをしてしまった」と言ってたけど

そこからどう気持ちを切り替えたんだろう?

切り替えできるから浅田真央なのかな、やっぱり?



私、過去のトレードで何度も頭の中が真っ白になる経験はあったけど、

きっぱり切り替えできたことなんてないわー。

自暴自棄になるばっかりだったわー。


で、森元首相がひどい発言したらしいですね。

「あの子は大事なときにいつも転ぶ。」って。

いやいや、クリントン元大統領にハウアーユーと間違えてフーアーユー?って
言った人が言うことちゃうやろ!

と突っ込みましたけど、

浅田真央選手のそれに対する返答にも、頭が下がりました。

その返答の中の心を打った言葉。



「私も人間ですから失敗はする。」



確かバンクーバーのときにも書いた覚えがあるけど、

どれだけ練習しても本番でミスしてしまうことはある。

だからもっともっと練習して完璧な演技が出来るようになりたい。

と言っていた浅田真央選手。


そう、違いはここじゃないだろうか?

毎日毎日、一生懸命に練習する。

その積み上げがあるからこそ、失敗を認められる。受け入れられる。

失敗を謙虚に受け止めることができるから、気持ちを切り替えられる。



必死で練習してなければ、「人間だもの、ミスをする。」のは言い訳にしかならないし、

自分をごまかすことになる。

自分をごまかしている間は、謙虚に失敗を受け止めることができないし、

自分自身にも向き合えていなくて、堂々巡りか負のスパイラルに陥るしかないんだろうな。


トレードも、検証・検証・検証!練習・練習・練習!につきるんですよ、やっぱり。


ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

2014年 現状分析から

2014年1月31日


あっ!?という間に1月が終わっていてびっくり。

と月末に毎度驚いている最近の自分に2度びっくり^^


2014年は良いスタートを切れたでしょうか?


私は、まぁぼちぼちです。

今年のトレードも、いつも通りに慌てず騒がず淡々と続けようと思っています。


2014年こそ勝てるようになるぞ!と決意した方々に朗報です。
自己啓発系で聞いた話ですけれど、

ビジネスにおいて成功する方法は成功者の数だけあるが
うまくいかなかった人にはすべて共通点がある
のだそうですよ。


トレードも同じで、
勝ってる人のやり方は千差万別だけど、
負けてる人・勝てない人には共通点がありパターンがある。


ということは、必勝法を求めてさ迷い歩くよりも、
現時点で自分がなぜ負けているのか?勝てないのか?をとにかく掘り下げることが第一歩のはず。

負けてる人共通のパターンに自分もはまっていたと認識できれば、
そこから一足飛びに勝てる人にはなれなくても、
少なくとも、脱・うまくいかない人にはなれるのではないか。

そのためにも、過去の自分のトレード履歴を見返す・見返す・見返す!
まずは現状の自己分析から始めてみませんか。


ではでは

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

今年もありがとうございました

2013年12月31日


早くも大晦日、平成25年も終わりですね。

なんと気づけばドル円が105円!

日経平均も16,000円超えたんだよね。感慨深いわ~。


ユロドルでトレードしていると、金額を考えるときはドル円レートを掛けることになるので

随分長らく9掛け8掛け当たり前~でしたよね。

それが今やプラスアルファ加算されることに♪


例) ユロドル10万通貨(10枚)トレードして20p取れたら



考える基準:ドル円が100円のとき

10枚×20p(×1)=2万円

ドル円が80円のとき 2万円×0.8=1万6千円 ←8掛け

ドル円が90円のとき 2万円×0.9=1万8千円 ←9掛け

ドル円が105円のとき 2万円×1.05=2万1千円 ←プラスアルファ




同じ事してても、円高が進むと儲けが減り、

円安が進むと儲けにプラスアルファされるわけですが、



これって逆に言うと、 まだ勝てない・負けている時期だと、

同じ事してても、円高が進むと損失が抑えられる状態なわけですよね。



ということは、 ここ数年は勝てるようになるまでの特訓時期として最適だったのでは?


デモとリアルを行ったり来たりしながら特訓してきたが、 その間、円高で損失が少し抑えられていた。

やっと勝てるように光が見えてきた頃に円安が進んできてラッキー♪


なーんて前向きに考えることもできますよね。


…とまぁ、何でもいいように考える癖をつけるほうが、前向きでいられるんじゃないかと。

物事のマイナス面を無視して、おいしいことだけ考えろってことではなくてね。





さて、更新頻度が下がりつつも、今年も細々とですが続けられたのは皆様のおかげです。

来年も調子に乗りすぎず、悲観しすぎず、

ニヤニヤしながら(!?)トレードできるよう頑張っていきましょう!


ではでは



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆ にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

原点はありますか

2013年11月30日


物事がうまく行かなくなったり、煮詰まったりしたときに

■原点に戻れ(戻ってみよう)

と誰かに言われたり、自ら言い聞かせてみたりすることってありますよね。




この「原点」とは何ぞや?って話なんですけど、


トレードで勝てるようになる人・ならない人を考えてみると
「原点」がしっかりしているかどうかがひとつの要因に挙げられるな、と。



「原点」を「夢」や「希望」と言い換えてみると分かりやすいと思います。



夢や希望を叶えられる人とそうではない人と

トレードで勝てるようになる人・ならない人とは

おそらく多くの共通点があります。



FXに興味を持ったのはなぜか?


そんなのお金が欲しいから!に決まってますよね。



最初の何も知らない段階だと、

一攫千金ウハウハ~♪と欲望全開で妄想に浸ることもありますが、

実際にトレードを始めてみたら、そんな甘いモンじゃなかったって

普通は気づきますよね。



ここで、妄想レベルの夢や希望から抜け出して、具体的・現実的に考える。

きちんと具体的・現実的に考えれば、自分の軸とか芯とかは定まってくるはず。

それが自分の原点になるんですよ。



でもそこで、そのまま深く考えることもなく検証作業をすることもなく、

いつまでも欲望に振り回されているのは、

妄想レベルの夢や希望に浸っているだけなんですよ。



つまり、しっかりした原点が定まっていない。




原点が定まっていないから、うまくいかないときに立ち戻るべき場所がない。

だから、うまくいかないままの悪循環から抜け出せない。






しっかりした原点はありますか?



ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

心構えによって見え方が変わる

2013年10月27日


検証!検証!検証!と私はしつこく言い続けていますが、
そうか、心構えが違うと検証も意味を成さなくなるのかぁと思ったこと。


トレードで再出発したときというのは、気分も異なるので、忠実にルールを守ろうと意識しているし、

トレード後の検証でも、ルール通りに出来たかどうかを考えることが出来ています。

でも、例えば1週間か2週間か負け続けたとします。
大きく負けたわけではなくて、トントンに近い状態だったとしても、

段々と気持ちが追い込まれてくるのが普通の人間。


そうすると、ルールを守ることよりも、勝てるかどうかで頭が一杯になり、
考えることも、

どこでエントリーすればもっと多く取れたかとか、

もっと我慢すれば利が伸びたとか、

自分がエントリーすると「必ず」反対にいく!とかの被害妄想だったり。



トレードを振り返って、こういう考えしか浮かばなくなっているときは、

もうそれは検証作業とは呼べません。


チャートは、どこの誰がどんなトレードしているかなんて関係なく、動き続けているだけです。

しかし、心構えや意識が少し違っただけで、

チャートや値動きの見え方はこんなにも違ってしまうわけです。

そしてもちろん、結果にも雲泥の差がつきます。


心構えや意識っていうのは、ある日突然、一変するものではありませんから、

トレード再出発時の少し緊張しつつも謙虚な気持ち、冷静にありのままを見ようとする意識、

今どういう心構えでいるのかを常に自分に確認する、

トレードの結果に関係なく、毎日、それを確認することを習慣づけるといいと思います。



ではでは

ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村